お金を持つ人

借り上げてもらおう

男性

サブリース方式とはサブリース会社が収益物件のオーナーから一括して借り受けるマスターリース契約とサブリース会社が入居者に対して転貸借するサブリース契約を組み合わせた方式を言います。マンション経営において、サブリース方式を取ることで、オーナーは空室の悩みから解放されると共に、入退去時の手続きや滞納者への督促なども行わないで済むようになります。サブリースには、家賃の設定方法が2つあります。1つは賃料固定型であり、もう1つは実績賃料連動型です。賃料固定型は実際の賃料が変動してもオーナーに支払われる賃料が固定されているケースを言います。オーナーからしてみれば、安定収入を得ることができ、収支予想も立てやすいというメリットがあります。これに対して実績賃料連動型とは、実際の賃料が変動することに伴い、オーナーへ支払われる賃料も変動するケースを言います。オーナーからしてみれば賃料のアップが見込めます。今後、家賃が上がると見込まれる時には実績賃料連動型の方がメリットが大きいといえます。なお、多くの場合、サブリース方式は1棟単位で契約が結ばれます。つまり、オーナーは1棟物件を借り上げてもらい、サブリース会社がその物件の部屋を1戸ずつ貸し出すというわけです。また、長期契約で結ばれることもありますが、この場合、保証家賃も契約期間中ずっと同じというわけではありません。2年に一度の見直しが行われていることが一般的です。