紙幣とスーツの人

少額で不動産投資をする

婦人

低金利時代の不動産投資

マイナス金利になってからというもの、資産運用の幅がかなり減少しています。それまでは銀行の定期預金でも金利の設定の高いところならまずまずの利息が得られていました。しかし金利水準が低下してもはや雀の涙程度しか利息が付かないのが現状です。投資に回せる資金がそれほどでなくても、以前とは状況が異なるのでより積極的に投資を意識する必要性があります。そのような中で検討をしたいのが、みんなで大家さんです。不動産投資というとかなり高度な専門性を必要とするように思うはずです。その事自体は正しいのですが、みんなで大家さんは、少額からの出資を不動産物件にすることで、その後の運用や管理をすべて任せることのできるというお手軽さがあります。なんといっても、不動産投資は、一般的には多額の資金を準備しないと行けませんし、しかも長期間の運用をするという、息の長い、それでいてハイリスクハイリターンの傾向があります。しかしみんなで大家さんは多くの出資者を募ることで人口当たりの出資金を少額にすることができていますし、しかも投資期間も短いので大幅にリスクを抑えながらそれでいてしっかりと配当金を受けとることができます。みんなで大家さんではいくつもの物件への投資を募っています。また少額からの出資ができるということもあるので、リスクを分散させるという意味でも、投資の時期をずらしたり、いくつもの物件に分けて投資をするなどの工夫で、さらに安心できる不動産投資にすることができます。

借り上げてもらおう

男性

サブリース方式には賃料固定型と実績賃料連動型があります。今後、家賃相場が上がっていくと考えているのであれば、実績賃料連動型を選ぶとよいです。また、サブリース会社から支払われる賃料は2年に一度のペースで見直されることが一般的です。

もっと詳しく

コストを意識することで

集合住宅

マンション管理に注目してから、マンション投資をする人は多いです。説明な丁寧なマンション管理会社には、安心してマンション管理を委託することもできます。管理にかかる工事費は、季節を上手く調節することで抑えることもできます。

もっと詳しく

低金利時代の資産運用とは

マンション模型

資産を守るには貯金だけでは不安に感じる方もいるでしょう。とりわけ金利の低い現在では不動産投資は重要ですが、賃貸保証会社は家賃が保証されるため、不動産投資のリスク回避のため不可欠です。また保証会社は家賃の催促を行ってくれる点も魅力と言えます。

もっと詳しく